読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見がちWeb屋の浮かれ雑記帳

フロントエンド周りの技術ネタやらなんやらね

あの頃、軽い気持ちでpublishしたnpmパッケージはもう消せない。

Node.js

結構前からnpmはunpublishができなくなった。依存先での混乱を防ぐため、publishから24時間を過ぎたパッケージは基本的に消せなくなったのだ。

The npm Blog — changes to npm’s unpublish policy

つまり昔あげちゃったやつは永遠に残るのだ。それがどんなカスだろうと。

ということをふと思い出し、自分のあげたパッケージを確認してみた

www.npmjs.com

2017/01/22現在、

753 Packages by okunishinishi

となっている。753。 改めてみて眺めてみるとあれだな。このうち700個ぐらいは無価値なゴミだな。

Githubのレポジトリは結構頻繁に掃除しているのだけど、npmはほったらかしだった。 何だろう、中学校の卒業アルバムの黒歴史を見るような気分。申請すれば消してくれるっぽいけど、リストアップもめんどくせぇ。

見なかったことにしよう。